間違いやすい木曜日の英単語、〇〇を覚えない! 

受験や学校、社会生活で必要とするものを大量に身につける必要があるのに、

困ってるけど、どうしたらいいんだろうという方に

 

実際に、つがわ式で英単語などを覚えるのは、面倒なことをせず、

短い時間で覚えられるということを、

 

たくさんのものを覚えられる体験していただけるよう、

 

どうにしかしたいと、そう思い、日々、奮闘しておりました。

 

 

英単語記憶術は、つがわ式の記憶術のごく一部で、

 

他にも、まだまだあるのですが、

それは、受講してからのお楽しみということで。

 

東京近郊にお住いの方は、14日、15日開催の講習会でも体験していただけます。​

 

人生を決める試験に合格していただける

 

手伝いをできましたら、幸いです。

一番間違いやすい英単語、ここで、ばしっと書けるようにして、

 

曜日ぐらい、英語でスラスラ書けますけど?となりましょう。

 

それでは、お待たせいたしました。

間違いやすい木曜日の英単語、覚えてしまいましょう。

先日、つがわ式英単語記憶術で覚えてもらった水曜日のテストです。 

 

英単語を書き出してください。  水曜日(     )

 

黙字は出てきましたか?

 

水曜日が思うように出てこなかった方、こちらのページに覚え方、掲載中です。

 

今回は、木曜日です。

 

下記英単語、発音、意味を写してください。

 

Thursday  サーズディ  木曜日

 

どの発音が、どのスペルと対応するかを、〇の記号で合わせ、理解し、

 

覚えるのは、忘れやすい1ヶ所だけのスペルを覚えます。

 

全体を覚えようとしない!ことです。

 

サー に〇  Thur に〇

 

ズ に〇   sに〇

 

デイ に〇  dayに〇

 

Thurに△です。

 

 

なぜ、このスペルが曜日の中でも一番間違えるかと言いますと、

 

「サ」という発音に「s」でなく「th」が使われているからです。

 

つまり、珍しいからです。

 

 

ただ、このスペル、「ズ」の発音に対して、火曜日、水曜日のように、

 

「es」でなく「s」だけで表現しています。

 

かなり意識していないと、こちらも、よく間違えています。

 

 

では、ここが△かと言いますと、

 

ウーン、自分は「s」の方を「es」と間違える方が多いという方は、

 

「s」だけ覚えてください。

 

 

両方覚えようとすると、両方があいまいになります。

 

それだけはしないように、1ヶ所だけ覚える!が、

 

つがわ式英単語記憶術の大原則です。

 

では、木曜日の英単語スペルを書き出してください。

 

木曜日(     )

 

 

★今、こちらのHPトップへご訪問者のみの特別ご案内中です。

 

今だけの特別キャンペーン内容となっています。このチャンスにぜひ。

 

 

★12月14、15日の東京・池袋で開催する、無料指導の特別講習会にて

 

つがわ式開発者の直接指導をぜひ、体験してください。

 

指導内容、申し込みなど詳細はこちらから。

 

受験や勉強のお悩み、電話、メールフォームで受け付けております。

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.