受験や資格試験に短期間でも、合格できる! 

 

大量の物も、難解なものも、正確に短時間で覚えられて、

ずっと忘れない記憶術をお教えしてます!

 

 

『つがわ式だけの、つがわ式独自の超理解法・記憶法』とは! 

世界一速いつがわ式 英単語スペル記憶法

 

スペル記憶法により、あの覚えるのが面倒だったスペルが、

面白いように記憶できます。

 

それにより、英文も読めるようになり、書けるようになり、

英語の成績もぐんぐん上がります。

 

​英語は、仮に文法がわからなくても、

英単語の意味がすべてわかっていれば、

 

何が言いたい文か、ほぼわかります。

 

しかし、その逆で、文法がどんなにわかっていても、

 

単語がいくつかわからないと、もう何を言っている文かわかりません。

 

つまり、英語力は単語力です。

 

 

しかし、学校で習うもので、もっとも覚えにくいものが英単語です。

 

漢字で、川や山は、そのものの形で、川や山になったと理解できます。

 

しかし、英語は、川はリバース、山はマウンテンです。

 

どこから、そんな言葉が生まれたのか、まったくわかりません。

 

そのため、丸暗記になってしまいます。

 

それゆえ、たいへん忘れやすいわけです。

 

 

つがわ式は、英単語を覚えるにも、どの発音が、どのスペルと

対応しているかを理解して覚えてもらうことで、

ずっと忘れない記憶法を開発しました。

 

 

マスターすることで、1時間で100語記憶も可能です。

 

世界一速いつがわ式 英文記憶法

 

つがわ式世界一速い英文記憶法は、

世界一速いスピードで英語ができるようになる画期的方法です。

 

世界一早く英文を覚える事は、その中に含まれている英単語、熟語、

構文、文法も世界一速く記憶できるようになるということです。

 

 

実質、世界一速い英単語記憶法ということになります。

 

また、英会話文もスラスラ覚えられるようになり、

英会話ができるようになります。

リスニングにも強くなります。

 

さらに、センターや、大学入試個別試験、英検、TOEICの

問題英文を覚える事ができ、

それらの成績を一気に上げ、短時間で合格もする事ができます。

世界一速いつがわ式 本文丸ごと記憶法

 

この記憶法は、そのまま教科書やテキストの

丸暗記をするものではありません。

理解したものを丸ごと記憶する方法です。

全ての歴史的な事件、社会の取り決め、仕組みなどは全て、

それが生じる原因があり、その結果事件がおき、取り決めができます。

 

そして、事件が起きたことによって、必ずその後に影響が出ます。

その原因 → 結果 → その後の影響の3点セットで、

はじめて試験で点が取れる理解となります。

そして、それをつがわ式本文丸ごと記憶法で記憶することで、

入試の選択肢が選べる実力がつきます。

 
 

世界一速いつがわ式 授業丸ごと記憶法

 

この記憶法は、学校の授業中に授業内容の大半を記憶することができる方法です。

 

本来、学校で習ったものを全て、理解と記憶ができれば、

常にオール5がとれるということです。

 

 

翌日の授業から、効率的に授業が受けられます。

 

それにより、学校の授業でほとんど理解できるようになりますから、

家での復習時間は大幅に短くなり、他の苦手な科目の勉強、

 

他の試験勉強にも時間がかけられるようになります。

 

自分の入試科目と関係のない科目を学校で習っている場合があり、

 

その科目は、授業中で理解して、

家では入試科目の勉強をどんどん進めることが出来ます。

 

 

思う存分、クラブ活動、趣味、習い事などの両立をさせながら、

成績をどんどん上げることができます。

また、仕事や家事で忙しい社会人の方も、

少ないスキマ時間を超効率よく使う事ができます。

 

世界一速いつがわ式 漢字記憶法

 

テストでは、国語はもちろんの事、歴史でも漢字で書かなければ、

点数がもらえない場面があります。

テスト前にもう一度繰り返すだけで、長く記憶ができていきます。

漢検、日本史、世界史、地理、現代社会、論理、政治・経済、

各種国家試験、公務員試験、就職試験などに使われる、

 

ありとあらゆる漢字が超短時間で、

しかも、その場限りの一夜漬けと違い、

長期間記憶することができます。

学校の国語の時間、社会の時間に

その場でどんどん、つがわ式で覚えていってください。

 

​あ

​あ

​あ

​あ

​あ

世界一速いつがわ式 人名・名詞記憶法

 

日本史・世界史で一番覚えられないものは、文学史です。

歴史のあらゆる出来事は、その出来事が起こる必然性があります。

 

それを、原因・結果・その後で理解すると、よーく記憶できます。

 

しかし、文学史は、歴史以外にも、現代社会、地理、政治・経済、論理、各種国家試験など、さまざまな試験でも対応できます。

 

例えば、化学の「シクロヘキサン」などの覚えにくい名前を覚えるときにも使えます。

また、学校の生徒や会社やお店で必要な用語や来客者の名前なども覚えられます。

世界一速いつがわ式 地図記憶法

 

日本史、世界史、地理、現代社会には、地図や地理は、つきものです。

例えば、浅間山が噴火したと、言葉だけ覚えても、普通すぐに忘れます。

 

浅間山の場所がどこにあるか覚えないで、言葉だけを覚えようとするからです。

 

地図記憶法で、そのほぼ正確な位置を覚える事で、浅間山の名前も忘れなくなります。

ためしに、あなたが場所をよく知っている山の名前を思い出してみてください。すぐ思い出せるでしょう。

 

場所の知らない所での事件は、すぐ忘れてしまいます。

 

それほど、場所を覚える、地図を覚えるというのは、

そこで起きた事を覚えるのに重要なのです。

そのために、地名が出るものは、

つがわ式で先に地図を覚えてからにします。

 

社会科では、天と地ほどの差がつきます。

世界一速いつがわ式 年表記憶法 日本史・世界史編

 

日本史・世界史はもちろん、現代社会なども、年表は出てきます。

年表は、覚えるものの中でも最も覚えにくいものの1つです。

 

また、入試でも、ほとんど選択問題なので、

その前なのか後なのかわかれば、選択肢は選べます。

 

その合理的な記憶の方法を指導します。

世界一速いつがわ式 数学解法パターン記憶法

この記憶法は、解答を簡単に理解し、解法パターンが覚えられます。

そして、単に覚えるだけでなく、1時間に解法を5~6つ覚える方法をお教えしています。

 

それを実行する事で、1日わずか1時間の勉強で、1年で約1,800問、約1年半で2,500問覚えられます。

 

その2,500問の数は、東大理Ⅲの合格点が取れる、

合格点が取れるパターン数です。

 

つまり、2,500問覚えれば、その中のどれかが東大の入試問題の合格点の半分が、類似問題として出てくると言う事です。

当然、学校の試験も類似問題を出してきますので、内申点もぐんぐん上がります。

 

物理・化学・生物・地学の計算問題解法パターンも記憶できます。

数学よりずっと少ないので、実行すれば、確実な得点源になります。

世界一速いつがわ式 数学・理科公式記憶法

 

公式は、自分でさっと作れるように指導しています。

 

特に数列の公式などは、公式を作る過程などのしっかり理解しているかを問われている問題が大変多いです。

東大の2次試験でも、公式の作り方が問題になった事があり、本当は公式を覚えてない方がいいわけです。

 

とはいいましても、現実の入試は計算するのに

時間が全くない状態で行われます。

そのため、必要な公式はさっと出るようにしておく必要があります。

 

センターでは、物理が公式の間違い、ど忘れで、

実力以下の点しか取れなかった受験生が多く出ています。

 

化学反応式なども楽に記憶ができるようになります。

 

つがわ式は、単に公式を丸記憶するだけでなく、

 

肝心の入試の時に、正確に覚えていられ、応用できるように指導しています。

 
 
 
 
 

世界一速いつがわ式 現象面記憶法

 

化学・物理は、現象面記憶法で図を理解して覚えます。

理科ができない人は、できないように学習しています。

 

物理や化学を、暗記物と思っている人は、まずできないでしょう。

 

生物や地学でも、理科ができる人は、そうでない人の3分の1程度記憶するぐらいで、十分な得点がとれます。

 

理科は全て、現象面が先にあって、それを言葉で説明します。

 

そして入試は、現象面の理解を問われますので、

言葉をいくら丸覚えでも、点が取れないわけです。

その現象面を簡単に理解できる方法が、この記憶法です。

 

世界一速いつがわ式 図表記憶法

 

生物の細胞の図、人体図、光合成の図、循環図などに相当するものの図は、この記憶法で覚えられます。

 

 

また、化学や物理の教科書などの写真や絵の理解と記憶はまず、図表記憶法で図を覚え、その地学の地層図などにも使えます。

世界一速いつがわ式 古文記憶法

 

古文は、英語の英作にあたる古文で書けという問題はありません。

そのため、古語の訳し方を覚えていく学習をしてもらいます。

 

古文そのものを丸暗記する方法ではありません。

 ​

世界一速く古文が読めるようになる記憶法が、

つがわ式世界一速い古文記憶法です。

 

それにより、入試に良く出る作品の内容の登場人物や

その身分上下関係、何が書かれていたものかがわかった状態で

入試が受けられます。

 

ですから、つがわ式古文記憶法で、そのテキストの古文が読めるようになる事で、入試での得点力を上げる事ができます。

 

この古文記憶法は、日本史にも応用できます。

 

日本史は、古文で書かれた昔の資料集の内容を読んでおく必要があります。

 ​ 

教科書の内容は、これらの古文資料の内容をまとめたものです。

その元となっている資料を読むと、テキストの内容、

その時代の背景が非常によく理解できます。

 

 ※古文・漢文は、小学生講座には含まれません。

 
 

世界一速いつがわ式 漢文記憶法

 

つがわ式で、まず書き下し文が書けるようにし、

次にその訳し方を覚えてもらいます。

漢文そのものを覚える方法ではありません。

 

漢文はなんと言っても、白文(返り点がついていない漢文)で、

一文でも読めるようになることが最も力をつけます。

つがわ式で世界一速く、テキストの白文を読む事ができるようになります。

 

※古文・漢文は、小学生講座には含まれません。

 

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.