学校の授業で内申点アップ、推薦枠を取れる学習法とは

2020年度から、新大学入試制度に移行します。

ただ、最初の3年間は、今までとほぼ同じものになるそうです。

一番違うのは、国立大学協会で、国立大の合格を推薦で、

定員の30%をとりましょうと決まったことです。

すると、推薦をするのは、先生ということになります。

今まで、国立大学に合格するには、センター試験の結果、二次試験の結果だけで、

いわゆる内申点は一切とられませんでした。

Aという高校がビリでも、Cという高校ではトップになれるほど、

学校に格差があるため、内申に何の意味ももたなかったからです。

しかし、理屈はどうあれ、推薦枠が30%もできるとすると、

難関大学は推薦でいくのが一番確実ということになります。

以前より、早慶など、推薦でとる人数が多く、

早稲田か慶応かどちらがいいですかと言われた生徒もいます。

ただ、その生徒は、個別試験を受けたとしたら、まったく歯が立たないという実力ですが、

推薦は、内申と学外活動で決まるので、受験用の実力はいらないわけです。

内申は、テストの評価だけではありません。

普段の態度とかの評価の部もあります。

この両方がよくないと、推薦はかかりにくいと思います。

ですから、先生に好かれる生徒になる必要があるわけです。

先生がもっとも好感を感じるのは、成績のいい子ではありません。

熱心に自分の授業を聴いている生徒です。

そして、一番嫌な生徒は、前もって塾などで先取り学習をしているので、

「そんなこと、とっくに知っていますよ。」といった態度の生徒です。

私は、大学時代、ゼミの入室試験に落ちたことがあります。

しかし、その教授の授業の時は、一番前の席で聴いていたところ、

教授の鶴の一言で、ゼミに入ることができました。

教授いわく、「お前は変わっている。普通、私のゼミのテストに落ちた生徒は、

授業に二度と来ない生徒がほとんどだった。

君は、一番前で熱心に聴いてくれる、気に入った!

ゼミに入れてあげようと言われた結果です。

それぐらい、授業を聞いてもらえると、うれしいようです。

しかし、厄介なのは、人というのは、授業や人の話を聴く時に、

他の事を30%以上考えながら、聴くしかできないそうです。

ですから、100%聴けていると思っていても、実は70%ぐらいしか聴けていなかったりします。

ましてや、事前に授業の内容を習って知っていて、前もって、先生の言うことがわかっていたら、

また同じものを習うとなると、退屈になってしまったり、眠くなってしまうだけで、

態度も悪いと思われ、時間ももったいないでしょう。

かといって、少しも予習もしないで聴き、少しわからないところが出てくると、これまた眠くなります。

つまり、内申点を上げるには、予習は必要です。

答えは調べてはいけないわけです。

わからない所だけはっきりさせて、その答えは何かを、授業でしっかり聞くようにします。

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.