185点満点中、58点から、171点に!

181点満点中、たった5点から、146点に!

 名古屋テレビ 「勉強のデキるテレビ!」で放送されたものです。

これは、当学院の記憶法は、英語以外にも、

世界一の速さで記憶できるということを証明してくれております。

 

直接のきっかけは、当学院のHPで掲載していた、『世界一速い漢字記憶法』を、

番組制作会社のディレクターの方が見られていました。

それがきっかけで当地米子まで、本当かどうか、

きちんとしたものかどうかを確かめに来られました。

 

年末に、テレビ番組の収録がありました。

 

漢字ができない小学6年生と、読みができない小5の生徒に、

つがわ式で、1学年分の量を1日で覚えさせてくれという依頼でした。

 

ご存知のように、当学院には、「世界一速い漢字記憶法」があります。

 

一般に、一学年分の漢字を1日で覚える必要は

ありませんので、そんなことは一度も指導したことがありませんでした。

 

理論的には、覚えられると思いましても、覚えるには

集中力がいります。

それが、小5、小6で、どのくらいまでもつのだろうか。

10分おきぐらいに休憩がいるんではないか、など、

不安だらけで、ぶっつけ本番で収録しました。

 

子供は、はじめ、どのぐらい漢字が書けるのか、テストされました。

小6の子は、小6の1学年分の漢字総数181個のうち、漢字が5つだけしか書けませんでした。

小5の子は、読みですので、小5漢字185個のうち、58個できました。

 

ただ、2人とも、ほぼ1年かけて、それぐらいなので、

それを1日(実質、5~6時間)でできるかどうか、全くめどがつきませんでした。

 

今回、数が約180個と多く、一度に2人指導しますので、

自分でどんどんできるテキストを新たに工夫して、持ち込みました。

そして、朝10時にスタートしました。

 

驚いたのは、子供の集中力です。下手すると、15分したら、休みかなと思っていたのですが、

予想外で、途中で少し休もうかと言っても、全く休みません。

一心不乱にやっていました。昼になっても止めず、結局、1時近くになって、昼食になりました。

当方、まだ病み上がりで、又、当日、5時起きで、

こちらの方の気力の方が保つのが大変な状態でした。

 

やり始めて、20~30個ぐらいまでは、あっという間でしたが、180個といいますと、

やってもやっても、まだある数です。

途中、漢字記憶と死闘のような感じでした。

 

お二人のお母さんは、別室でモニターを見ていて、

「あんなに長く集中している子供を見たいことがない」ということでした。

顔つきも、普段とは変わり、驚いておられました。

 

夕方4時半になって、最終テストをやりました。

 

そして、結果は、大成功でした。

 

その成果は、2人の子供が実力を出し切った成果です。

それが、あなた方の本当の実力ですと言いますと、ニッコリしておりました。

お母さんも泣いて喜んでおられました。

 

一番嬉しかったのは、これを機会に、もっと勉強をしてみますと言ってくれたことです。

やってよかったと思いました。

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.