本物の受験勉強、ニセモノの受験勉強、あなたはどっち?

 

受験勉強と学校の勉強との違いを説明できる人は、

 

学校の先生も含め、意外に少ないです。

 

一番驚くのは、模試で合格点を取ることだと、

 

本気でおっしゃる先生方が、意外に多いということです。

 

 

例えば、模試の英語の長文問題は、2題ぐらい多いです。

 

しかし、早大の人間科学は、長文問題が、なんと8題も出ます。

 

外大もそうです。

 

1題読むのに、たいへんな時間がかかる英語長文問題で、

 

2題のタイプができているからと、

 

8題出る大学に、どうやって合格点がとれるでしょうか。

 

少なくても、8題を練習している生徒にとって、2題しかやっていない模試組は、

 

最初から競争相手にしていません。

 

8題練習している者同士の戦いが、本当の受験勉強になります。

 

 

このように、本物の受験勉強とは、希望校の入試問題タイプに合わせて、

 

合格できるように勉強するのが、本当の受験勉強です。

 

そのため、100校に対して、100通りの受験勉強があるというのが正解です。

 

 

以前、慶応大学では、日本史に書き込み問題がありました。

 

それに対応するには、日本史に出てくる人名や事件名など、

 

漢字を覚える必要が出てきます。

 

 

片や、早大は、すべて、マーク方式の選択でした。

 

マークで選ぶなら、漢字は読めれば、十分です。

 

漢字を覚える、覚えないでは、勉強量にたいへん違いが出てきます。

 

その代わり、問題そのものは、慶応の方が、やさしかったわけです。

 

満点も可能でした。

 

それに対し、早大では、見たことも聞いたこともない問題も、いくつか作っていました。

 

当然、その対策は、早大用の対策になります。

 

 

このように、受験は、問題のタイプが学校別で、

 

ここまで違うかというほど違うので、

 

1校だけ決めて、その大学は、合格しきる戦略が一番ベストです。

 

 

その意味で、センター試験は大助かりです。

 

センターで高得点をとれば、国公立のすべて、私大の80%が合格できるからです。

 

つまり、大学受験とは、センターの問題タイプが、

 

すべて平均で90%を超すように勉強するというのが、本物の受験勉強になります。

 

 

ただ、ここで、誤解が生じることがあります。

 

つづく

 

 

◆希望大学に合格できる、つがわ式開発の

 

大学受験「解き方」指導も入った学生・受験生向け全コースを、

 

今なら半額に!

 

さらに、漢検、英検や英会話指導などのサービス指導も。

 

通信講座の各コースについての詳しいはこちらから

 

 

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、

 

新学期、自信をもって、テストを受けられる自信をつけませんか?

 

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

 

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.