大学入学共通テストの第一日程が、どれだけ不利か検証します。

 

どんな試験も、合格に有利な学習は、過去問対策です。

 

そして、多くの人が過去問対策は、単純に過去問を解くことと思っている人が多いです。

 

 

が、同じ問題は、二度と出ませんので、ただ解くだけでは、

 

それほど、過去問対策している人が有利ではありません。

 

 

つがわ式の過去問対策を、当メルマガ読者限定で、

 

今回、一部を特別にお教えします。

 

 

例えば、英語長文問題で、解くのに5分かかる問題を、

 

1分で解けるとしたら、時間が足りない本番のテストでは、大変有利になります。

 

今から書くこと、センター試験過去問で、ご自分で本当かどうか、チェックしてみてください。

 

特に長い英文の評論文に、その傾向がありますが。

 

 

各問題の選択肢の答は、各段落の結論が書いてあるところの内容と一致している

 

選択肢が答というのが多いです。

 

すると、その部分だけしっかり読むだけなら、1分ですみます。

 

第一日程で、このデータ通りでしたら、

 

第二日程では、初めから全文しっかり読まないで、

 

各段落の結論だけ、しっかり意味をとって、選択肢と内容一致させれば、

 

5分かかる所が、1分で答えが出せることになります。

 

全てそうでなくても、半分でもそうなっていれば、かなり時間が減らせ、助かります。

 

 

ひょっとして、新大学入学共通テストでは、パターンが変わっているか、

 

不安な状態で、つい5分もかけ、しっかり読んで答えていては、

 

とうてい、時間が足りず、合格できません。

 

さらに、実は、各段落の文の名詞と選択肢の中の名詞と比べて、

 

同じことを言い換えている名詞があれば、

 

今までのセンター試験では、それが答です。

 

99%の確率です。

 

 

第一日程の問題で、今度もそうなっているか、確認ができます。

 

ついでながら、英検も、どの長文問題も、多くは、そうなっています。

 

さらに過去のセンターでは、段落の結論に出ている単語と同じ単語が出ている選択肢は、

 

99%、答ではありませんでしたが、その確認もできます。

 

 

これらのことは、常に一部の人しか知られていません。

 

そのため、第二日程組が、どれだけ有利かわからなかったと思います。

 

ただ、問題の作成法は、実は、無限にあるどころか、2つしかありません。

 

問題を解くヒントがわかれば、それで答が出るタイプと、

 

そのヒントをワナに使って、ヒントで解く人、すべて間違えさせる作り方です。

 

興味ありませんか?

 

 

つがわ式の大学受験コースには、その詳しい解き方指導、全科目を指導しています。

 

結果、実力より20%以上増しの得点がとれ、

 

模試の成績より一段高い大学に合格できています。

 

どこが希望大学か教えてください。

 

今からでも合格できるアドバイスできます。

 

 

個別指導も可能なオンラインセミナーの方は、先着順ですので、

 

ご希望の日にちがある方は、お早めにお申し込みください。

 

 

あなた用のオリジナルオンラインセミナーも始めました。

 

 

 

もっと早くしておけばよかった・・と悩む前に、

 

受かりたい資格試験、国家試験、受験校のために、

 

今どう勉強すべきかお困りの方、

 

学習状況などを教えてくだされば、アドバイスさせていただきます。

 

こちらの質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

 

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、

 

電話料金がかかりません。

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.