入試数学は考えるより数が大事

前回、どんなに数学ができても、入試では「考えて解く時間がないんだ」と書きました。

 

国公立二次試験の記述問題でも、結局、考えて解く時間はなく、

 

前もって類似問題を解いていないと、間に合わないが結論です。

 

今、数学の高得点を取っている人も、

結局は、一度は類似問題を解いているからが、ほとんどです。

数学は、まったく見たことのない表現の問題は、基本、ほとんどの人は解けません。

そして、わずかな数学が超得意な人も、ゼロから考えて解く時間はなく、

「考えて解く数学」は、いくら努力しても、点数は取れないということです。

ならば、最初からわりきって、少し考えても解けない問題は、

さっさと解答を見て、パターン化してしまえば、

つがわ式の場合、わずか1日1時間の学習でも、1年で2,000問以上もパターン化でき、

 

ほとんどの入試問題で合格点がとれるレベルは、一度はやったことがある問題が出題され、

結果、高得点がとれています。

また、ほとんどの人は、大学入試レベルの数学は、日常では使う機会はなかなかありません。

人生で学ぶことは、大変多いです。

ですが、入試に数学がある以上、数学をやらざるをえません。

ならば、入試数学の学習、内申点を上げる数学は、割り切って、

1題でも、多くの問題をパターン化しましょう。

数学はぐんぐん上がります。

1年で、0点から満点がとれたTH君のようにね。

数学が好きで、考えるのが好きな人は、まずは、希望大学に入ってから、

好きな数学、考える数学を思い切りしてもらえるとよいと思います。

本来、入試は、実力を見る試験でなく、落とすための試験ということ、わかっていないと、

せっかくの努力は、水のあわになってしまいます。

考えて解いていった結果の数学2Bの平均が52点では、希望校全滅でしょう。

ただ、パターン化の作業は、丸暗記の作業とはまったく違いますよ。

きっちり、なぜ、その解答になるのか、理解は絶対に必要です。

それがゆえ、解答に省略がないか、ほとんどない参考書が必要なわけです。

​つづく

(3)数学をあきらめないで

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.