模試の数学で点数がとれなくても合格できる理由

 

前回、二次試験の難しい過去問を解くのは、つがわ式では、薦めてない理由を書きました。

そういう意味で、模試の問題の30%は、二次試験と同じように、

新しい表現が使われているので、それをできるようにしても、

基本、どの大学にも同じような表現は出ない確率は高いといえます。

一般に模試の数学は半分取れていれば、大丈夫だと思います。

そこに時間をかけずに、受験はセンターですので、

センターの過去問対策を徹底すべきでしょう。

本物のセンター数学問題表現に100%対応できるようにすべきです。

受験勉強は、「過去問に始まり、過去問に終わる」が大原則です。

そして、センター試験さえとれれば、私立大学のほとんどは、その点だけで合格できます。

 

また、二次の結果とセンター試験を合算してもらえる国立大学もたいへん有利です。

二次は、誰もがとりやすい問題さえとれれば、難しい問題はできなくても、

センターの得点でカバーできるからです。

センター受験者58万人ごぼう抜きして、1年で底辺からトップレベルにまでした理由でもあります。

つがわ式では、センター試験の点がとれるようし続け、科学的に指導していますので、

その通りに実行してもらうと、とれるわけです。

本物のつがわ式の理解法・記憶法を色々、実際に指導、

体験してもらえる体験会を開催しております。

 

複数名の参加も可能となっておりますので、お越しをお待ちしております。
 

​遠方の方、時間が合わない方は、ご相談ください。

​こちらは5回の連載となっております。

(1)進学校で数学が得意でも、東大入試本番でとれなかったワケ

(2)入試数学は、考えるよりも数が大事

(3)数学をあきらめないで

(4)点にならないところに、時間をかければ、他の科目の点までとれなくなる

(5)模試の数学で点数がとれなくても合格できる理由

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.