大学共通テスト、後期日程が有利な理由 

 

大学共通テストは、実質、2回行われ、

 

現役生は基本、どちらも選べることになりました。

 

個人的には、断然、後の方を選べるべきだと思います。

 

初めての共通試験ですので、本番では、

 

一体どんな問題のタイプかわからない状態で受けるよりも、

 

わかって受ける方が断然、有利だと思います。

 

従来は、病気など特別に、本番の日に受けられなかった追試として受けられるものですが、

 

それは3回目にするということですので、2回目は追試の形でなく、

 

本試の日程を前と後に分けるということになります。

 

そのため、従来、追試は20%近く難しく作ってありましたが、

 

 

今回の2回目の本試験は、それはできないと思います。

 

それなら、圧倒的に後出しじゃんけんでしょう。

 

先に何が出るかわかって、じゃんけんした方が絶対に勝てるでしょう。

 

そういう意味で、文科省はコロナで、ことの本質がわからなくなっていると思われます。

 

 

しかし、浪人生は、2回目は選べないというのですから、完全な浪人生差別です。

 

全国の浪人生は、その理不尽さを訴えるべきです。

 

少なくても、現役生の半数以上が、2回目に回った場合、絶対的不利になると思います。

 

抗議すべきです。

 

 

かように、文科省のやることなすこと、「変」です。

 

というより、100年の大学受験の歴史に、こんな不公平受験があるのかと、

 

「大問題」になると思います。

 

 

解決策は、大学共通テスト問題を3回分作り、1つを12月初め頃に公開し、

 

こんなタイプになると公開すべきだと思います。

 

それでも、2回目の後の方を受けるのが有利なのは、変わりませんが。

 

つがわ式なら、2週間で実力より、プラス20%点数を上げる自信があります。

 

4日で分析し、10日で、その対策指導します。

 

当大学受験、医学部受験コースを受講される方には、

 

新たにその指導サービスさせていただきます。

 

 

受験生・学生応援!半額キャンペーンが始めます。

 

詳しくは、こちらにてご案内します。

 

 

 

過去、各受験コースは受講者人数に対しては、

 

当つがわ式では、日本一の超一流大学、高校合格実績が出ています。

 

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.