後期試験に小論のある方へ 

ある矛盾を知っていないと、大損します。

 

それは、小論を採点する人は、出題者でないことです。

小論は、選択肢のように、これが正解というものはありません。

 

のため、出題者本人が採点すると、あれもこれもいいかなと、

採点にきりがなくなるためです。

 

新大学入試制度では、記述式問題が一部入りますが、

その採点も、第三者の業者に委託が決まっています。

 

では、業者は、何を基準に採点するのでしょうか。

 

 

厄介なのは、各人使っている言葉のニュアンスは、

実は、日本人全員違うということです。

 

作者の言っているニュアンス言葉と、

同じニュアンス言葉は存在しないということです。

 

 

つまり、本人は、作者と同じニュアンスに使っている言葉は、

そう理解していると思っていても、

 

採点者の多くは、そう思わないということです。

 

結局、作者の表現の重要キーワードを使って、

まとめ上げるしかないように思います。

 

小説のコンクールに出品する場合は、

個性ある自分の言葉の方がいいのですが。

 

そこのわきまえが、小論文の採点に大きく左右します。

 

また、そういうことですから、誰も模範解答のような名文は書けません。

 

 

1行は、50字以内におさめると、何が言いたいか、ぶれにくいです。

 

よく、小論文の対策に、親など知っている人に、

 

一度、書いたものを読んでもらうことを薦めていますが、それは一番大事です。

 

本人しかわからない文になっている場合が、はじめはほとんどです。

読んだ人がわからないと、それで、

 

「何を言っているのかわからない」と、

0点解答になってしまうことが、一番、問題だからです。

相手にわかる文なら、それだけで点がもらえます。

 

あと、読解力に自信がない方は、文の最初と最後だけ読んで、

何が言いたい文かつかんで、そのキーワードを使って、まとめてごらんなさい。

 

それで、いつも、高得点をもらっていますよ。

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.