つがわ式6倍速記憶術の極意とは!

つがわ式6倍速記憶術の発見は、小6の頃に習った、

この溶液は、酸性かアルカリ性かがわかる実験で、

青と赤のリトマス試験紙を使った実験をして、得た結果を覚えては、

忘れる経験をしたことによります。

理科が大好きでしたので、実験も、大好きでした。

ある液体が酸性かどうかは、青いリトマス試験紙をつけてみて、

青いリトマス紙が赤く変われば、酸性の液体ということになり、

赤いリトマス試験紙をつけて、青く変われば、

アルカリ性の液体とわかるというものです。

 

このことを、その場では、間違いようがないのですが、

1週間ぐらいたちますと、青色リトマス紙が赤くなると、

アルカリ性、いや、酸性、赤か青くなると、どっち?

と、頭の中で混乱がおきてしまい、テストで何回か間違えたことあります。

実はそれ以来、理科のどっちがどっちというタイプの記憶が、

大の苦手になってしまいました。

 

左ネジの法則とか

高校では、どっちが酸化、還元とか。

意地になって、何回も繰り返せば繰り返すほど、

時間がたちますと、頭の中で混乱がおきます。

つがわ式記憶術は、英語ができなかったリベンジで、研究を始めましたので、

理科のこのことは、ずっと封印していました。

 

英語の次は、偶然、漢字の覚え方が発見できました。

 

漢字を理解し、1ヶ所だけ覚えた方が、忘れないという発見です。

この1ヶ所だけ覚えた方が、忘れないという発見を、

酸性かアルカリ性か、青か赤かといったものにあてはめてみれば、

ひょっとして、記憶の混乱はおきないかもしれないと思いました。

 

まず、ある液体に、青いリトマス試験紙をつけて、

青いリトマス紙が赤く変われば、酸性を、

酸→青→赤 というの形のキーワードにしてみました。

そして、もう一方も、アルカリ性→赤→青 とキーワード化して並べてみました。

酸 → 青 → 赤

アルカリ → 赤 → 青 の形です。


まず、「アルカリ → 赤 → 青 」のキーワードをかくして、

「酸→青→赤」だけ にして、

「アルカリ → 赤 → 青 」を、

「〇 → 〇 → 〇」 の形にして、

 

結局 「酸 → 青 → 赤

〇 → 〇 → 〇」 の形にして、

3つの〇のキーワードが出てくるか、試しました。

出てない方、いらっしゃいますか?

小学1年生から、80代の方まで、〇の中身が出てこない方にいませんでした。

これは、多分、外国人でも、同じだろうと思います。

一度理解して、対立関係のあるものは、片方しか覚えない方が、

両方とも間違いなく覚えられるということが証明されました。

 

でも、これは、半分だけの記憶ですので、2倍速く覚えられるだけです。

6倍速は、6個のキーワードのうち、1個だけ覚えれば、

残りの5個が出てくるものでないと、6倍速と言えません。

 

前回お教えした通りに覚えられた方は、

 

「酸性 → 青 → 赤」を覚えていたら、

 

一緒に覚えた3つのキーワードは、

 

〇 → 〇 → 〇 

 

瞬時に思い出せると思います。

 

つまり、2倍速の記憶は成功です。

 

 

では、6倍速とは?

 

〇 → 青 → 〇 の形にして、

 

〇 → 〇 → 〇

 

「酸性とアルカリの内容」と理解したうえで、

 

「青」だけ覚えます。

 

 

その青を手がかりにして、残りの〇の中は思い出せると思いますが、どうでしょうか。

 

そして、青だけ覚えるので、頭の中の混乱は、全く起きず、

 

青だけなら、忘れようもなく、

 

青だけなら、6個覚えるより、結果として6倍速く覚えられます。

 

 

6倍速は、いつも6倍速というわけではなく、

 

生物の優性遺伝系と劣性遺伝系の所では、

 

合わせて、20個のキーワードに対し、1個だけにして、

 

残りがすべてできることにも成功しています。

 

これは、20倍速にもなります。

< お知らせ >

2月の大幅割引キャンペーンをしています。

 

国公立大学医学部受験コース、

 

大学受験コース、高校受験コース、TOEICコース、

 

小学生からの秀才養成(中学受験)コースなど、

 

通信講座の各種を、特別価格でご用意しております。


☆彡 通信教育各コースの合格体験談、詳細などはこちらをどうぞ ☆