2ヶ月でも間に合う?!6倍速記憶法って可能なの?

 

2倍速の覚え方を特別指導しましょう。

 

倍速記憶法(対比関係にまとめて片方しか覚えない)、

 

化学で覚えるのに時間をかけても、すぐ曖昧な知識にある代表に

 

「酸化された」「還元された」状態があります。

 

これを、2倍速で覚えられます。

 

酸化された酸素(O)増加  酸化数増加  水素H減少  電子e-減少

 

還元された     減少     減少     増加      増加

 

と対比して、片方だけ覚えます。

 

上の酸化されたものだけ覚えて、還元は逆とだけ理解し、覚えません。

 

すると、覚える量が半分に、覚える時間も半分に、

 

そして、片方だけ覚えていれば、もう片方は、正確に出てきます。

 

今まで、苦労して覚えても、どっちかどっちだか混乱して、

 

試験本番で間違えていたのは、全部覚えようとしていたからです。

 

 

化学の多くは、この手の対比されるものが多いので、覚える量を一気に大量に減らせます。

 

そして、かつ、その部分は、10倍忘れません。

 

入試は、中間・期末テストと違い、99%の知識にワナをしかけてくるので、

 

100%を越した、正確な知識で解かないと、点数はとれません。

 

2倍速のように、一気に覚える量を半分に減らすことで、

 

100%を超え、120%正確な知識にできます。

 

2倍速をマスターすると、6倍速は間近です。

 

覚える量を6分の1にまで減らせます。

 

つまり、2ヶ月あれば、2×6=12か月分、今からでも記憶ができるということです。

 

それなら、まだ間に合うでしょう。