リスニング問題、90%、いつも答はコレ!な裏ワザ 

 

2015年リスニング問題 第4問 13のヘレンケラー物語のワナとはの続きです。

2015年リスニング問題 第4問 13のヘレンケラー物語の

 

センターリスニング問題さらに詳しく分析しますと

 

問23の答 To give lecture across Japan.

 

が、本文のmake a lecture tour throughout  the country.

 

の言い換えで正解でした。

 

細かく言えば、「~中」の訳のthroughoutの言いかえが、acrossとわかるかという問題です。

 

 

一般にacrossは、直訳は、「横切る」という意味なので、

 

「~中」という訳は意訳になり、普通、訳せません。

 

このように、中学校で出てくる単語(across)で意味が不明なものがある選択肢は、

 

90%以上、いつも答です。

 

これが、解き方の裏ワザになります。

 

 

ついでながら、早稲田大の英語の選択肢の作り方も、同じ作り方をしているものが多いです。

 

問24の分析、ヘレンケラーが秋田犬を欲しがった理由。

 

ここで答えは、2の秋田犬のような忠実な犬を欲しがったが、答ですが、

 

本文には、She was moved

 

こういう中学単語が一番訳が難しいです。

 

ここでは、「心を動かされた」、という訳になります。

 

ただ「動いた」という訳では、意味不明です。

 

 

次に

By the story about the faithful Akita dog, Hochiko.

 

とあり、この時点で、まだ欲しいと出てきません。

 

その後のand wonder if she could have such a dog.

 

で「欲しい」は、「have」で表現しています。

 

 

そして、wonder  if (何々かしら)の意味がとれないと、わかりづらいです。

 

ここでは、「ヘレンケラーはそのような犬を欲しがっているのかしら」の訳になります。

 

 

しかし、リスニングで、何を言っているのかよくわからなくても、

 

「faithful」という単語が本文に出てきて、

 

その単語が入っている2が正解というように、点をとらせる、という作り方です。

 

当然、前もって、そういう作り方を知っている方が、得点を取りやすいのは、わかりますね。

 

 

こういう分析を20年分するのが、過去問対策、センター試験リスニング問題対策ということです。

 

同じく、問25も、本文にwhich made kami the first Akita dog to go to the United State.と、

 

firstが入っている選択肢4が答で、問23と同じ作り方をしています。

 

リスニングで、数詞が出たら、メモです。

 

以上、第4問Bの解き方です。

 

 

知っていると、知らない人より、20%以上、得点は上がります。

 

 

 

★今、HP 訪問者のみの大幅割引プレゼントキャンペーンしています。

 

新学年に向けて、苦手科目を冬休みに克服しませんか。

 

つがわ式独自のセンター試験対策で、実力以上に、受験で点数を取り、合格めざしませんか。

 

https://www.tsugawashiki-kiokuhou.com

 

 

★12月14、15日の東京・池袋で、無料指導の特別講習会の参加者募集中です。

 

2時から4時。池袋で開催予定です。どなたでも参加可能です。

 

指導内容、申し込みなど詳細はこちらから。

 

https://www.tsugawashiki-kiokuhou.com/eitango-kiokujutsu

 

 

発行元:コロンブス学院 つがわ式

 

TEL:0859-35-9980 土日祝日も対応 朝11時〜夜10時頃

 

受験や勉強のお悩み、電話、メールで受け付けております。

 

質問・ご相談フォームはこちら

 

https://www.tsugawashiki-kiokuhou.com/question

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.