忘れない英単語の覚え方をnote(ノート)で、

100円で学べるようになりました。

 

つがわ式でいう、「忘れない」という言葉は、

 

テストの時にほぼ100%忘れないことを意味しています。

 

つがわ式の英単語の覚え方は、単語のどの発音が、

 

どのスペルに対応しているかを理解して覚える方法で、

 

従来の意味だけ覚える覚え方と違って、

 

スペルと発音と意味と、単語の3要素が一度に覚えられるため、

 

覚えるのに、1語平均30秒前後と、おそらく世界一速く覚えられていきます。

 

 

どんな覚え方でも、問題は翌日以降です。

 

どのくらい覚えているかです。

 

一般に一日たつと、75%ぐらい忘れるそうです。

 

 

つがわ式の覚え方ですと、忘れるのは、10%もありません。

 

ただ、その10%は、普通に繰り返しても、忘れやすいです。

 

そこで、つがわ式では、その忘れやすい単語には、

 

そのスペルで、忘れやすいスペルの1ヶ所だけ覚えてもらう復習をします。

 

すると、次の翌日は、ほぼすべて思い出せます。

 

 

ただ、テストまでには、何百、何千と、単語は覚える必要があります。

 

すると、忘れやすい単語は、また忘れる割合は大きいです。

 

忘れてなくても、クリアではありません。

 

 

そこで、テスト前には、1ヶ所だけを復習してもらいます。

 

その1ヶ所だけですので、0.1秒ぐらいで見直せます。

 

何百と単語があっても、テスト前には、わずかな時間で覚え直しするだけで、

 

試験本番を受けることができます。

 

テストを受ける時には、覚えた何千語がすべてクリアにして、テストを受けられます。

 

当然、英文はスラスラ読めて、時間内に高得点がとれます。

 

 

長くかかりましたが、つがわ式で忘れない英単語の覚え方というのは、

 

このようにして、テストの時は何百、何千語の単語も、

 

「忘れない」状況になっていることをさします。

 

 

英語で、英単語が1語30秒で覚えられ、基本、忘れないとなりますと、

 

どれだけ英語が楽に学べるでしょうか。

 

英語が苦手な方はもちろん、不可能を可能に、

 

得意な方は、覚える時間を何分の1かに減らせ、

 

さらに英検なら、1級まで短期間で合格が可能になります。

 

 

指導通りに覚えていかれるだけで、英単語は、1日で10分ほどの学習時間だけで、

 

1年で3600語も覚えられ、ずっと学年トップが可能になり、

 

英語は超エリートコースを進むことになります。

 

中学受験も、英語入試が過半数を超えました。

 

来年はもっと、どっと増えるでしょう。

 

 

また、英単語が、覚えるのに時間がかからなくなれば、他の科目に時間をかけられ、

 

100%、他の科目も成績が上がります。