誰もが、数学がわかる方法とは。将棋や囲碁を例に取りますと・・

 

考えて解くという意味では、代表的なものに、将棋や囲碁があります。

常に何十手先まで考えます。

しかし、将棋などでは、はじめから考えての指導ではありません。

まず、棋譜(きふ)といって、「相手がどこに打てば、こう打つということ」を、

無数の場面に合わせて覚えていくということから始まります。

これをしない人が、これをした人に勝負を挑むと、

縦と横に縦横無尽に動き回れる駒である飛車(ひしゃ)、

斜め前方・後方に動き回れる駒である角(かく)がなくても、あっさり負けるのが普通です。

そして、プロとしての考える一手は、その棋譜の応用をして、考えられていきます。

元々、学校で習う数学は、答がわかっている数学です。

それを時間をかけて考えて、解いたと言って、どれほどの実力がつくだろうかと思います。

数学でも、解けていない数学、たくさんあります。

それに挑戦するのが、考える数学ではないかと思っています。

学校の数学は、棋譜のように「こうすれば、こうなる」と理解して、

覚えいってもよいと思っていますが、どうでしょうか。

そうした数学にあって、数学が「なぜ、こういうことになるのか?」

解答の逆筋が理解できないのは、

9割方、「単に解答の省略があるから」だということ、ご存知でしょうか?

数学を理解するとは、解答の筋道を理解するということだと思います。

そのため、数学が理解できないという時は、解答に、AからBにいくのはわかった。

しかし、どうして、BからCにいくのかわからないのか?という場合に、

「理解できない」「わからないという」言葉が出てくると思います。

そして、自分は、数学の理解力がないんだと思い込み、

数学が嫌になって、できなくなってしまうという状態になっている方、多いです。

実は、この時、BからCになるのに、その経過が、

逆筋の1つか、省略されているからというのが、ほとんどなんです。

もし、その省略がなければ、自信をもって、言い切ります。

「誰もが、数学がわかります。」

今回、TH君が1年で数2で全国トップの点がとれたというのも、

その対策を指導しただけで、そうなりました。

その数学のビリから全国一にした対策とは!

つづく

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.