模試の結果で安心はダメ!センター試験で合格圏の人、そうでない人がすべきこと

 

昨日の続きとなります。

 

センターが終わりますと、翌日、学校で自己採点し、

 

その得点を各大手予備校が主催している合格判定データを出している数社に送ることになります。

 

そこで集計されたデータは、ほぼ98%正確なデータになります。

 

理由は、同じ試験を受けた人のほぼすべてのデータなので、ほぼ間違いはありません。

 

 

これに引き換え、しょっちゅうやっていた模試のデータは、

 

競争相手の半分ぐらいしか受けていないものですから、

 

残りの半分が受けることで、結構、大きく変わる内容になっています。

 

ちなみに、当学院生で、模試では希望学部が1番でしたが、センターでは5番でした。

 

5名しかとらない特殊な学部だったため、ぎりぎり合格になりました。

 

 

来年の受験生も、そのことは肝に銘じて、

 

決して、模試の結果で安心しないようにして下さい。

 

又、模試を重要視している学校は、このセンター試験の時のデータは確かに正しいので、

 

模試のデータも正しいと思い込んでいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

模試の問題の作り方とセンターの問題の作り方の違いを理解して欲しいと思います。

 

一番の違いは、センターは、各科目に、満点は何千人、何万人もいますが、

 

模試では全国トップでも8割ぐらいでしょう。

 

つまり、模試の難しいタイプの問題は、入試用のはもちろん、

 

一生する必要もないタイプが多いということです。

 

そういう問題ができないからといって、自信を失ったり、

 

そのための無駄な学習をしないことだと思います。

 

 

さあ、センターが終わって、予備校からのデータが上がりますと、

 

そこから、具体的な希望大学選びとなります。

 

もう終わってしまっているので、とれた得点の範囲でどうすべきか考えることになります。

 

学校の進路指導は、この時にこそ、色々アドバイスしてもらいたいと思います。

 

この結果ではじめて、希望大学に行けるかどうか判断できるからです。

 

模試の結果などから、いくら大丈夫と言われても、

 

センター試験本番で失敗すれば、大丈夫でないわけです。

 

受験できる大学も変わってきてしまいます。

 

 

「大丈夫と言ったではないですか!」と言われても、

 

何にもどうすることはできませんので、先生方も困るのではないでしょうか。

 

センター前にぼろくそ言われた生徒が高得点をとりますと、手の平を返す先生方は多いです。

 

その子によって、学校の実績を作れるからです。

 

センターで失敗した人は、2次試験で頑張ればいいという考えは止めた方がいいです。

 

 

何度もここでお知らせしたように、2次はとれる問題、

 

とれない問題がはっきりしているため、まず、挽回できません。

 

さっさと私立大学へ切り替え、過去問を解きまくり、

 

少しでもいい大学へ入れるようすべきだと思います。

 

正直、センターで失敗した人の2次試験の指導が一番辛いです。

 

一応、万が一と思って、指導をするのですが。

 

センターで合格点圏内の点をとった人は、

 

すかさず、ニ次用の学習を始めなければなりません。

 

つがわ式では、+20%が、今からでも確実にできる指導ができます。

 

当受講生の方、よく、当通信講座の指導書を熟読して下さい。

 

 

つがわ式では、二次試験合格に向けての指導も

 

即プラス20%してもらえる特別指導があります。

 

直接電話による指導です。

 

 

5日間のみ(22日~26日)、ワラをもつかみたい方、キャンペーン!中で、

 

特別価格で受講していただけます。

 

受講日は、受講者のご希望に添えるようにします。

 

詳しい内容はこちらにて

 

 

つがわ式では、あらゆる受験、試験、勉強に非常に早く効果の出る

 

アドバイス、ご指導ができます。

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.