センター試験解き方指導の国語の古文の一部を読者の方にサービス指導します。 

解き方というのは、解説でなく、いつも、その考えで解けるという、

 

得点力を一気に上がる特別なノウハウです。

センターが近づいてくる足音が、そろそろ聞こえてくるでしょう。

 

又、10月の終わり頃から、青田買いの私立の推薦試験が始まります。

 

大半が、ほぼ自動的に合格します。

 

すると、周りは余計に焦ります。

 

しかも、受かった人は、早足、遊び始めます。

 

ひたすら巻き込まれないように、マイペースを守って下さい。



11月に入りますと、大学受験コース、医学部受験コース受講生は、

 

センターの国語の解き方指導が始めてもらいます。
 

以前から、センターは、実力だけでは、点がとれない部分があると言ってきました。

 

そして、その解き方を前もって調べ、対策をとらないと、

 

試験本番の短い時間の中で、正解を判断する力はつきにくいと言ってきました。


今回、当通信講座の生徒に11月から始めてもらう解き方指導の一番差し支えのない所で、

 

それでも、こういう練習は必要というものをサービス指導します。

 

又、古文が全くできなくても、解き方通りの答を選びますと、答は合うことを体験して下さい。

入試2ヶ月前なのに、古文、漢文がほとんどできなくても、

 

当コロンブス学院の解き方で、センター国語は何とかなるということです。


ただ、これを読んで、高1、高2の受講生の方、学校の古文、漢文をさぼらないように(笑)。

そのため、2ヶ月前まで、実行しないよう、受講生に伝えております。


又、通信講座には、今回指導のものより、もっと簡単に答がわかる方法、かなり入っています。

 


今回は、92年度、本試験の古文の問題3です。

 

傍線部 A「行く旅をめぐりも帰れこの里の馴れしわがやを住処とはして」 の解釈として、

最も適当なものを、次の1~5のうちから一つ選 べ。

1.方々を旅して回ったら、きっとこの里に帰って来てほしい。 馴れた私の家をすみかと思って。


2.方々を旅して回っても、きっとこの里に帰ってくることになろう。馴れた私の家がすみかなのだから。


3.方々を旅して回っても、きっとこの里に帰って来て、馴れた 私の家をすみかとすることになろう。

 

4.方々を旅し終わったら、きっとこの里に帰って来ることになろう。馴れた私の家をすみかと思って。

 

5.方々を旅し終わったら、きっとこの里に帰って来てほしい。馴れた私の家がすみかなのだから。


この問題を取り上げたのは、センター試験の古文らしい問題だからです。

 

一般の模試などの問題と、どこが違うのか、

 

こういう問題はどう解くのか、しっかり理解してください。



1:一般の問題の出し方

一般の模試等の問題は、問われている傍線部の意味が解釈できれば、答はわかる問題です。

 

ですから、わかりにくい所に傍線部を引くわけです。

ところが、この問題は「何が言いたいのか」は、すぐわかる問題です。

 

ですから、問題は「何が言いたいのか」ではなく、

 

「どの選択肢が、答の表現としてふさわしいのか」という問題になっているわけです。

 


言い換えれば、どんなに古文が読めても、読解できても、

 

選択肢の選び方は、別問題ということです。

 

内容的には、「どの選択肢も、同じ内容のことを言っているわけです」から。


 

解き方1

 

まず、傍線部の部分を区切って、何が言いたいのか、はっきりさせる練習をしてください。


 

区切り方

 

「行く旅を/めぐりも/帰れ/この里の/馴れし/わがやを/住処とは/して」

 

 このそれぞれに言い換えが綺麗に出ているものが、普通は正解です。

 

ですが、このセンター試験の問題は、どの選択肢も、その言い換えが出ており、

 

普通の解き方では解けません。


 

解き方2

 

この手の問題を解くには、問題の作り方が、何を基準にして、問題を作っているのかを考えます。

 
その基準は、選択肢を作るときは、必ず正解を先に作ってから、ニセモノを考えるということです。

ですから、正解の選択肢は、常に他の選択肢と違って、一番素直に抵抗なく読める文です。

 

それにひきかえ、ニセモノは正解に似せますが、強引にニセモノを作っていきますので、

 

どうしても一部は、普通の日本語として不自然です。


例えば、選択肢2と4の「帰ってくることになろう」という表現 は、

 

お別れの表現としては、不自然です。

 

まず、あなた自身を、その別れの場面において、考えてください。

そして、あなたが普通に、そういう場面で口から出てくる別れの表現のあるものが答です。

 

「こんな言い方しないよな」というタイプは不正解 です。

そういう意味で、選択肢3の「することになろう」は不自然です。

 

すると、1か5になりますが、5の「すみかなのだから」は、

 

目で読んでいると、違和感はありませんが、口に出しますと、舌が絡みそうになります。

 
発音してみてください。「すみかなのだから」と。

 

それで、消去法で一番が正解となります。



又、1番の表現が、最も素直な一般的表現です。

 

そういう微妙な言い回しの区別をする練習がいります。

 

こういう所は、単に読解力がいくらあっても、区別できません。

そういう観点から、一番を読み返してください。

 

抵抗なく、すっと読めるのが実感できるでしょう。

 

センター試験の問題の解答を選んだ後、すっと読めることを確認してください。

 

「何か変だな」と思ったら、それは答ではありません。


2の解き方で、本文を読まなくても、

 

答が出てしまうのは、もちろん、これだけで全て解けるわけではありません。

 

そのために、つがわ式の解き方があります。


 

つがわ式大学受験コース、医学部受験コースの詳しい案内、お申し込みはこちらから

 

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.