看護士試験、短時間で合格できるには!

 

 

作業療法士、理学療法士、介護福祉士、医師国家試験にも

 

 

過去問を覚えればいいと思っても、難しい言葉や量が多く、

 

焦るばかり、どうしようと困っている方へ。

 

 

慌てないでください。

 

30%は間違えても大丈夫ですから。

 

まず、過去問の解説を読んで、「なるほど」と理解し、わかれば、

 

答を覚えてしまえるもの、かなりあります。

 

 

例えば、高齢の介護者に、毎日、気をつけることで、

 

答に日光をしっかりあてるとありました。

 

その理由は、一言で言えば、日光によって、体が目覚め、

 

それにより、夜は寝つきがよくなるとありました。

 

 

「なるほど」と思い、理解できたものは、一度で答えは忘れません。

 

まず、こういったタイプのを、一気に最初から最後まで探します。

 

 

次に、残された過去問の答が、テキストのどこに載っていたか調べます。

 

意外に簡単に調べられるものも多くあります。

 

この手の過去問は、そのテキストの場所を読み返すだけで、覚えられてしまいます。

 

 

残りは、解説を読んでも、よくわからない過去問です。

 

最初の1、2のタイプで、70%を超す場合は、

 

その復習だけをしつこくすれば、あと2ヶ月で合格できます。

 

 

残り、約30%の答の解説を読んでも、わからないものは、

 

その中の10~15%だけ、少しはわかるものと、そうでないものと分け、

 

その10~15%をひたすら何度も繰り返し、

 

試験本番時だけ覚えているようにもっていきます。

 

 

ずっと長く覚えなければと思っているから大変なので、

 

試験当日だけ覚えられていれば、いいわけです。

 

 

そのタイプに、つがわ式6倍速記憶術を使います。

 

解説文をキーワード化し、キーワード6語ごと、

 

そのうちの1つだけ覚えて、その答は何々と覚えます。

 

 

そして、2ヶ月間、時間を見つけては、その1つだけ繰り返します。

 

すると、残りのキーワードは、問題を見れば、合っているかどうかわかります。

 

そして、10~15%の6分の1のキーワードですから、

 

劇的に繰り返す量は少なく、テストの時に完璧に覚えている状態で受けられ、

 

合格点の70%は確実に取れます。

 

 

この直前対策は、すべての国家試験資格試験に使えます。

 

基本、直前合格対策は、どの国家試験、資格試験も同じです。

 

 

これで、たった2ヶ月の合格を可能にされた方、多数いらっしゃいます。

 

中小企業診断士にも、2ヶ月で合格者が出ています。

 

合格率15%と、難関な宅建でも、同じように合格者が出ています。

 

 

つがわ式では、過去問の理解と、記憶の最も難しい解剖図と

 

機能の大半を、短時間で覚えてもらえる、

 

看護士試験合格オンライン個人指導セミナーを開設します。

 

 

< 日時 > 日にちは、個人指導なので調整できます。

 

 

 

< 時間 > 午前10時から20時頃までの2時間のご予約下さい。

 

お申し込みの際は、コメント欄に、第二希望、第三希望もお書き添えください。

 

< 指導内容 >

 

1.解剖図、どんな解剖図も、一度で覚えられるようになります。

 

 

2.機能の説明をキーワード化し、6倍速で覚えられるようにします。

 

3.心筋梗塞などの看護士試験用漢字が、スラスラと覚えられるようにします。

 

 

4.学校の授業中に習ったものを、授業中に記憶できる授業丸ごと記憶法を指導します。

 

これにより、放課後はバイトなどしても、国家試験は合格できます。

 

5.過去問を短時間で70%突破できる具体的な学習法を指導します。

 

 

このセミナーで身についた記憶術は、看護師になられた時、

 

実際の業務を覚える時も、新しい知識を覚えたいときも、

 

断然、効率よく一生使えます。

 

 

受講料 39800円(税込) 

 

 

 

お申し込みはこちら 

 

 

仕事の合間に何とかしたいが、この勉強法で大丈夫だろうかなどとお悩みの方、

 

一人で抱え込まぬよう、ぜひ、お早めにご相談ください。

 

 

学習状況などを教えてくだされば、

 

あなただけのZoomオンライセミナーなど、個別指導もできます。