最後のセンター試験、英語の難題の解き方

 

一口に、センター試験英語問題といっても、結構、

 

それまで見たことのない問題のタイプが作られています。

 

今回は、その中でも最も難解な問題タイプの解き方指導、センター英語を、

 

受験が迫っている方のためにお教えします。

 

 

それは、センター英語、大問2の2番、英文の中に傍線を引いてある所が5つありまして、

 

その中で1つだけ余分なものがあるという問題です。

 

単に訳をするだけでは、どれがいらないか、わからないようになっています。

 

時間が全くない状態で訳しても、答がわからない問題を、英語の難問といって、

 

訳せれば、答がわかるものと区別しています。

 

 

まあ、他もみんな訳せない人には、あまり関係ないのですが、

 

センター試験は、落とすための試験ですので、

 

訳ができる人も、答がわからないタイプの問題を作るわけです。

 

 

こういうタイプの問題を、今、あなたの実力で解けるようにするには、

 

まず、問題英文の訳を読んで、何が言いたい文なのか読解します。

 

そして、答のいらない英文と、そうでない英文の違いを、国語力ではっきりさせます。

 

仮に、傍線部の中の名詞が、1つだけ食べられるもので、

 

他がそうでなく、食べられるものが答だったとします。

 

 

すると、解き方は、傍線部の中の名詞に〇をつけて、

 

グループ分けして、4:1になるものを探せば、

 

問題英文そのものは、訳さなくても、答がわかるということになります。

 

当然、こういう作業は、英語力はあまり関係なく、時間内に答を出すための、やむなき手段です。

 

 

つがわ式では、これから、受験生の将来を決める大事な時間、

 

残りの3ヶ月で、センター試験の英語で、90%以上の180点以上をとってもらうために、

 

1番から6番まで、すべての問題タイプのこうした解き方、お教えしています。

 

 

ただし、こうした指導も、センター英語に使われる5000語もの単語の意味がわかってないと、うまく使えません。

 

 

これで、今年の受験で、英語の得点力に自信がない方、間に合いますよ。

 

TEL:080-1910-4248 土日祝日も対応  朝10時~夜9時頃    ​質問・ご相談フォームはこちら

学習や受験等のお悩み、早めに解決して、新学期、テストを受けられる自信をつけませんか?

学習状況、志望校により、今すべき学習法やアドバイスをお教えできます。

質問・ご相談フォームにてご連絡ください。

電話をご希望の方は、日時をご予約してくださいましたら、電話料金がかかりません。

つがわ式株式会社   Copyright Tsugawashiki. All Rights Reserved.