国公立医学部合格の道11 センター試験国語解き方編

 

なぜ、つがわ式の解き方は、一般的解き方指導と

 

結果が20%得点率アップ率も違うのか!

 

一般的な解き方は、個別問題に対する、なぜ、それが答かの解説です。

 

しかし、それでは、問題が違えば、それはほとんど通用しません。

 

まったく同じ問題が出れば、効果的ですが・・。

 

 

つがわ式の解き方指導は、問題が変わっても、

 

同じ解き方で解ける、解き方を指導をしています。

 

そのため、実力より20%アップが可能になっているわけです。

 

 

例えば、今回は、センター国語で2択まで選択肢をしぼれたとして、

 

(一般に実力があれば、2択までしぼれます。

 

問題は、そのどちらかが正解かわからないわけです。)

 

そのどちらか正解か、普遍的なマル秘の解き方があります。

 

 

普遍的ですから、もちろん、今回の新大学入学共通テストにも、通用します。

 

また、高校入試、中学入試にも通用します。

 

それは、2つにしぼれた選択肢で、本文の内容と同じところの言い換えか、結論の文か、

 

どちらか、比べてより、わかりやすく、より具体的な言い回しをしている選択肢を選びます。

 

その方が正解ではありません。

 

 

正解は、比べた時により抽象的で、クリアでないものが、

 

いつも、99%正解になっています。

 

今回、第ニ日程受験者に、第一日程の問題文を見て、今までのセンター試験と、

 

問題の作り方が、どこが同じで、どこが違うか、指導する、

 

お正月福袋のEセット(詳しくは下記に)を作りましたが、

 

その重要なチェック項目でもあります。

 

 

先日の傍線部のキーワードが出ている選択肢は答か、答でないかの

 

データとりと同じように、データがすぐにとれます。

 

また、古文では、2択比べて、より具体的で、かつ、

 

オーバートーク気味のものは答ではありません。

 

 

小説では、「死」という言葉が入っていた選択肢が答になった例は、100に1つです。

 

他、細かい答えの選別の仕方を、つがわ式解き方と言っています。

 

基本、それは、普遍的なもので、その例外は、100に1つあるかないかです。

 

 

以前、国語の本文を全く読ませず、選択肢だけ文を読ませ、

 

解き方で選んでもらったことがあります。

 

65%ぐらい合っていました。

 

センター国語平均点が55~60%ぐらいですから、かなりの正解率だと思います。

 

 

この解き方の考え方は、古くは、昔から行われています。

 

中国では、孫子、日本では黒田官兵衛とか、軍師が相手の手の内を読み、

 

その反対をすることで、大勝利をえています。

 

これからは、つがわ式を受験界の軍師と呼んでください(笑)。

 

ですので、奇をてらったものではないということです。

 

問題出題者に対する、問題の作り方の分析力の問題です。

 

ちなみに、2択までしぼった時の選び方は、なぜ99%普遍的か。

 

つづく

 

 

今から受験合格に間に合わせる!特別な福袋セットもご用意しています。

 

E セット 

 

大学受験共通テスト第2日程受験者が対象です。

 

特に国公立医学部受験者は、最大2週間で15%アップが可能です。

 

 

第1日程の国語、英語、数学の分析

 

+その対策指導オンラインズーム個人指導90分、2回指導。

 

+理科、社会は何か解き方データが出れば、上記オンラインZoom個人指導で対策指導。

 

+二次試験対策

 

+6倍速記憶術

 

合計20万円以上のセットを39800円(税別)に。

 

 

 

Cセット

 

医学部コース+高校受験コース

 

+国家試験コース+TOEICコース

 

+英検準1級コース+漢検準1級コース+英会話コース

 

(オンライン個人指導2回、4時間指導付き)

 

計 60万円通信教育費セット → 6万8000円(税別)

 

 

☆彡 他、特別な福袋のセットの詳しいご案内はこちらから ☆彡