国公立医学部合格の道13 センター国語解き方編続き

なぜ、つがわ式の解き方は、他の解き方指導より、+20%とれるようになるのか!

前回、2択までしぼった場合のどちらが正解かの選び方を指導しました。


ただ、比べると言っても、どこを比べる、

又、具体的表現の方カットと言いましても、

どちらも具体的表現がある場合も多いです。

あくまで比べて具体的か、オーバーな表現かを読解します。

なぜ、この解き方が普遍的かということですが、下記の理由です。

 

以前、大学入試のテスト文に採用されてた小説家が、

面白がって、その国語を解いたところ、ほとんど答が合わなかったことがありました。

そして、その著者は、書いた本人が、違う選択肢とは、どういうことかと抗議が来たそうです。


言葉は元来、1つ1つの言葉のニュアンスは、人によって違います。

Aという地区で、Bという場面で使っていた言葉も、

 

Cという、違った地区では、Dという場面に使っているということ、珍しくありません。


言い換えれば、100人の人がいれば、同じ言葉でも、100通りのニュアンスがあります。

そして、選択肢を作るときに具体的に書けば書くほど、

 

著者の考え方、ニュアンスと、はっきり違うことがわかることになります。


そのため、選択肢の問題の作成者は、

 

正解には、より具体的な表現が使えなくなりました。

抽象的なら、著者から抗議があっても、そのつもりの表現ですと、逃げることができます。

それぐらい、50万人以上の人生を左右するセンターの試験は、

 

1科目に約30人もの大学教授を中心にしたメンバーで、1年かけて作ります。

予備校の数人の模試作成者では、そこまで考えて作るのは難しいと思います。

それは、模試で、国語の満点とれた話を聞いたことありませんが、

 

センターは毎年、全問正解者がおります。

そして、平均点は、限りなく60%近づける、そこがすごい作り方と言えます。

まるで芸術作品のようです。

 

もうすぐ第一日程です。

つがわ式の予測ですが、問題のレベルは、

 

共通テスト2年分より、かなりやさしくすると思います。

基本2年間のプレテストは、難しく作りすぎて、失敗のように思います。

 

毎年、センターでは、平均点が60%以下なら、

次の年はやさしくして、何年間平均で60%にもっていっています。

プレテストは、予想以上に難しかったので、平均点は低く、

 

コロナのこともあり、やさしくすると思います。
 

ただし、新しさも出さねばなりませんので、問題文の言葉の量を、

 

例年のセンターより20%ぐらい多いタイプを作ってくると思われます。

生徒は、その言葉の量のはったりに引っかからないようにしましょう。

さっさと何が求められているかわかるように読めば、

 

問題そのものは、いつものセンターよりやさしいと思います。

文章量が多いのは、ハッタリです、と、その予測をしています。

 

注:テレビ等で、第二日程のことを追試験と言っていますが、違います。

第二日程が、病気、天候などの理由で受けれない人が受けるのが、追試験です。

そして、追試験は、毎年、本試験より15~20%難しく作られています。


今から受験合格に間に合わせる!特別な福袋セットもご用意しています。

E セット 

大学受験共通テスト第2日程受験者が対象です。

特に国公立医学部受験者は、最大2週間で15%アップが可能です。


第1日程の国語、英語、数学の分析

+その対策指導オンラインズーム個人指導90分、2回指導。

+理科、社会は何か解き方データが出れば、上記オンラインZoom個人指導で対策指導。

+二次試験対策

+6倍速記憶術

合計20万円以上のセットを39800円(税別)に。


Cセット

医学部コース+高校受験コース

+国家試験コース+TOEICコース

+英検準1級コース+漢検準1級コース+英会話コース

(オンライン個人指導2回、4時間指導付き)

計 60万円通信教育費セット → 6万8000円(税別)


☆彡 他、特別な福袋のセットの詳しいご案内はこちらから ☆彡